中木庭ダムフェスタのレポート

イベントの会場がある鹿島市の能古見地区は、市内の南西部に位置し、佐賀県で最高峰の経ヶ岳の裾野に広がる山間部です。とても自然が豊かな地域で、紅葉の美しい「平谷渓谷」、合宿や研修で使える「自然の館」という宿泊施設などがあります。水が美味しいため、地区内にある馬場酒造場という酒蔵は創業から200年以上続いています。この地域は佐賀牛の産地でもあるため、佐賀牛を味わいながらお酒を飲むことが中木庭ダムフェスタの楽しみ方の一つです。

中木庭ダムのあじさい

上の写真は、イベントの名前になっている中木庭ダムです。ここはあじさいの名所で、6月のあじさい祭りでは多くの人が訪れます。また、ダムの周囲が整備されているため、駅伝の合宿地として使われることもあります。今回の中木庭ダムフェスタでも、中木庭ダム一周ウォーキングが同日開催されました。

やまびこ広場の遊具

イベントの会場は、中木庭ダムからすぐの場所にある「やまびこ広場」です。昔はグランドゴルフ場だったところに近年遊具などを設置して整備を行った結果、現在は地元の子供たちの遊び場としてにぎわっています。

やまびこ広場の遊具

この日も会場には大勢の子供を見かけました。大人たちは佐賀牛やお酒、出し物などが目的のようでしたが、子供たちはどちらかと言えば遊具で遊ぶ方が楽しそうでした。

やまびこ広場の展望台

また、やまびこ広場には休憩所を兼ねた展望台があります。遊具の先にあるので知らないと見落としてしまうのですが、中木庭ダムフェスタに行ったときには是非見てほしい場所です。

中木庭ダム

上の写真のように、展望台からは中木庭ダムとその周囲の山々が一望できます。空気も澄んでいて目の前には絶景が広がっているため、やまびこ広場は観光地としても人気が出てきています。

中木庭ダムフェスタの会場の様子

会場には多くの屋台が立ち並んでいました。やまびこ広場にある食事処「のみの郷」からは、郷土料理の「だご汁」などを販売していました。だご汁とは平たい小麦粉の麺と野菜や肉を汁に入れた食べ物です。他にも、お焼きやカレー、たこ焼き、かまぼこ、まんじゅうなど食べ物の屋台が充実しています。食べ物以外にも、面浮立と呼ばれる民俗芸能で使われる「浮立面」の展示や雑貨の販売などがありました。

佐賀牛

事前に販売していたチケットを交換所で渡し、佐賀牛を受け取ります。ただし、今回はチケットがなくても現金で当日購入ができるようでした。

中木庭ダムフェスタのバーベキュー

佐賀牛や地場農産物を買ったら、バーベキュー用の道具を借りてその場で焼いて食べられます。

銘酒「能古見」の試飲

こちらは、馬場酒造場の銘酒「能古見」の試飲コーナーです。お酒の販売は行わないので、もっと飲みたい人は自分たちでお酒を持ち込むことは可能です。ただし、食材の持込は禁止されています。なお、会場までは無料のシャトルバスが運行するので、お酒を飲む予定の人は利用してください。

木工教室

子供たちに大人気だったのが「おもしろ工作室」という木工教室です。

木工教室

大人の指導のもと、かなづちを片手に木のイスやロボットを手作りしていました。

マジックショー

飲食や木工教室だけではなく、様々な出し物も披露されます。開会式の後に最初に披露された出し物はマジックショーです。

能古見保育園の獅子舞と一声浮立

大勢の観客、カメラマンを集めたのが、能古見保育園による獅子舞と一声浮立の披露です。

能古見保育園の一声浮立

まず最初に、一声浮立という太鼓の民俗芸能が行われます。

能古見保育園の獅子舞

途中から子供に連れられて2頭の獅子舞が登場します。獅子舞を動かしているのも3歳と5歳の子供たちで、笛の演奏以外は全て保育園の園児だけで構成されています。普段のお祭りでは大人の獅子舞しか見たことがなかったので、あまりに小さくて驚くと同時に、とても可愛く感じます。

能古見保育園の獅子舞

小さい体ながらも、足を上げたり全身を動かして大きく表現しています。獅子舞のかけ声と一緒に、後ろで一声浮立を演奏している子供も大きな声でかけ声を出します。この後も、よさこいや山浦面浮立など様々な出し物が続き、想像以上に大勢の参加者を集めて盛り上がっていたイベントでした。

※この記事の内容は書いた時点の情報です。最新の内容とは異なっている可能性があります。