酒蔵通りから徒歩すぐの穴場スポット、事比羅神社の紅葉が凄い

事比羅神社とは

舟津地区にある漁師の船

事比羅(ことひら)神社は鹿島市の肥前浜宿にある神社で、香川県の金刀比羅宮(こんぴらさん)を祀って建てられました。この周辺の舟津(ふなつ)地区は海が近いことから漁師が多く、事比羅神社は海上交通の神様として知られているため、地元の人達から厚く信仰されていました。

肥前浜宿酒蔵通り

昔ながらの建物やお酒の試飲が有名で、観光地として人気の高い肥前浜宿の「酒蔵通り」や「茅葺の町並み」から徒歩すぐのため、肥前浜宿のガイドでは事比羅神社を一緒に案内することも多くあります。

肥前浜宿・酒蔵通り

江戸時代から明治時代にかけて酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在は、富久千代酒造、光武酒造場、峰松酒造場という3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。お酒の試飲や購入、酒蔵スイーツ、...

行ってみれば分かる事比羅神社の紅葉の美しさ

鹿島市の紅葉スポットといえば祐徳稲荷神社などが有名ですが、実は事比羅神社の紅葉も美しく色づきます。

事比羅神社の石段

総本宮である香川県の金刀比羅宮と同じく、事比羅神社も境内までは長い石段が続きます。とは言っても、石段の数はそんなに多くはないので、数分もあれば上れてしまいます。※写真は紅葉前のものです

事比羅神社の鳥居

石段の先には鳥居があり、周囲の燃えるように真っ赤なモミジに期待が膨らみます。

事比羅神社の紅葉

鳥居をくぐれば辺り一面の葉が赤や黄色に色づき、まさに今が一番美しい時期だと分かります。事比羅神社の紅葉は、毎年11月下旬頃が見頃です。

事比羅神社の紅葉

事比羅神社の社殿

社殿の外観は赤色で、小さくて可愛らしい見た目です。

事比羅神社の社殿と紅葉

赤色の社殿と周囲の黄色い葉が鮮やかな色彩の写真を生み出します。SNS映えする写真もたくさん撮れそうな場所なので、若い人でも楽しめるスポットだと思います。

天井を覆う黄色い紅葉

空を見上げれば、木漏れ日がさして優しく照らされた黄色い葉が、アーチのように天井を覆っています。

事比羅神社の休憩スペース

境内には屋根がついた木造の休憩スペースがあります。

肥前浜宿の眺望

この休憩スペースは、肥前浜宿や浜川などが一望できる絶景スポットです。紅葉を一通り楽しんだら、椅子に座って食事や休憩をするのも良さそうです。

事比羅神社の紅葉

今のところ事比羅神社の紅葉はほとんど地元の人しか知らない隠れた名所です。私が撮影に出かけた日は他に誰もおらず、目に入るこの美しい景色を独り占めできると思うと贅沢な気持ちになります。酒蔵通りから徒歩ですぐに行ける距離なので、秋の季節に肥前浜宿に旅行へ来たときに事比羅神社に行かないのは、非常にもったいないことだと感じました。

※この記事の内容は書いた時点の情報です。最新の内容とは異なっている可能性があります。