肥前浜宿・酒蔵通り

江戸時代から明治時代にかけて酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在は、富久千代酒造、光武酒造場、峰松酒造場という3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。お酒の試飲や購入、酒蔵スイーツ、酒蔵見学などが人気で、国内外から観光客が訪れています。また、昔ながらの白壁の建物が美しく、写真撮影のスポットとしても知られています。春には「酒蔵ツーリズム(肥前浜宿花と酒まつり)」というイベントが開催され、全国から8万人以上の来場者が訪れます。肥前浜宿の酒蔵通りは、すぐ近くの「肥前浜宿・茅葺の町並み」と共に、歴史的に価値のある地域として国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

名称
肥前浜宿・酒蔵通り(ひぜんはましゅく・さかぐらどおり)
住所
佐賀県鹿島市浜町
お問い合わせ
NPO法人肥前浜宿水とまちなみの会 0954-69-8004
ガイド
肥前浜宿の歴史、建物、お酒などについて案内するガイドを行っています。詳細は「肥前浜宿まちなみガイド」をお読みください。
駐車場

峰松酒造場(肥前屋)の近くの「まちなみ駐車場(無料・大型可)」をご利用ください。

駐車場の地図を表示

交通アクセス
電車の場合は肥前浜駅から徒歩で約6分です。車の場合はまちなみ駐車場から徒歩すぐです。祐徳稲荷神社から来る場合は、「祐徳神社前」バス停で祐徳バスに乗車して「工場団地入口」バス停で下車、その後は徒歩で約6分です。祐徳稲荷神社から肥前浜宿まで徒歩で行く場合は約30分です。
備考
肥前浜宿には有形文化財として登録された建造物が多くあります。「肥前浜宿の登録有形文化財一覧」をご確認ください。
地図