誕生院節分大祭の体験レポート

季節の変わり目に邪気を追い払うために行われる豆まき。鹿島市の誕生院で毎年盛大に行われる節分祭について紹介していきます。

誕生院とは

誕生院

高野山を復興し、新義真言宗を開かれた覚鑁(かくばん)の生誕地に建てられたお寺です。安産や子授け祈願の聖地として知られています。

星祭り大護摩祈祷

節分大祭の前の打ち合わせ

豆まきの前に本堂で護摩祈祷が行われます。上の写真は、豆まきの手伝いなどをする「裃(かみしも)」と呼ばれる和服を着た人たちが事前に打ち合わせをしている様子です。鹿島市のゆるキャラ「かし丸くん」も誕生院の節分大祭に参加しています。

塗香でお清め

開始時間になると、塗香(ずこう)でお清めして本堂へ向かいます。

護摩法要

裃の人以外の祈願者は、誕生院会館で受付を済ませた後に本堂に移動して待機します。時間になると、住職と裃の人が本堂に入って護摩法要が始まります。

かし丸くんの護摩法要

かし丸くんを先頭に護摩壇に護摩木をくべます。

護摩法要

その後に、裃の人、一般参拝者が順に続いていきます。

豆まき

本堂で護摩祈祷が終わった後は、外の駐車場で豆まきが始まります。

誕生院の豆まき

住職や裃を着た人たちが高い位置から豆を投げます。豆をまく時間はおよそ5分ほどで、参加者は必死になって豆を取ろうとします。

かし丸くんの豆まき

かし丸くんも頑張って豆を投げていました。しかし、手が短いのでなかなか遠くまで投げられません。

誕生院節分祭の福豆

上の写真と違って番号が書かれた紙の入った福豆が一部混ざっています。運良く福豆を手に入れた人は、その番号に対応する景品をもらうことができます。今回は、高級ホットプレート、ブランドバック、ぬいぐるみ、おかしなどが景品になっていました。

※この記事の内容は書いた時点の情報です。最新の内容とは異なっている可能性があります。