公共交通で鹿島ぶらり旅

車がない人も安心、バスを利用して鹿島市を旅するコース。バス停の名前と参考時刻を掲載しています。
約4時間30分コース
START (肥前鹿島駅・JR特急下り方面9:52着)
バス:駅前の鹿島バスセンター・「県界」行き(10:20)→浜大橋(10:29)

肥前浜宿・茅葺の町並み 所要時間:約15分

江戸時代から残る貴重な茅葺き屋根の町並み

有明海の漁業で栄えた漁村集落で、船乗りや商人などが生活していました。この周辺には茅葺き屋根の町家が点在し、他の地域では見られない貴重な風景を眺められます。肥前浜宿の酒蔵通りと共に、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。
徒歩すぐ

肥前浜宿・酒蔵通り 所要時間:約1時間

江戸時代から酒造業が発展し、酒蔵や白壁の建物が残る

古くから酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在は富久千代酒造、光武酒造場、峰松酒造場という3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。中島酒造場と峰松酒造場では地酒の試飲が有名で、バスで移動するからこそ好きなだけ飲み比べができます。
バス:徒歩約5分で工場団地入口(12:04)→祐徳神社前(12:07)

祐徳稲荷神社門前商店街 所要時間:約1時間

昼食とお土産は祐徳稲荷神社の参道にある門前商店街で

祐徳神社前のバス停から神社に向かう途中にある商店街です。ここにはお土産屋や食事処がずらりと並んでいます。名物のうどんやいなり寿司を昼食にいかがでしょうか?昼食の後は、宝探し感覚でふらふらとお土産屋をのぞいてみるのも楽しいです。特産品の「稲荷ようかん」を初め、珍しいものがたくさん見つかるはずです。
徒歩すぐ

祐徳稲荷神社 所要時間:約30分

年間300万人の参拝者が訪れる日本三大稲荷の一つ

鹿島市に旅行するなら祐徳稲荷神社は外せません。県外からはもちろんのこと、海外からも連日のように観光客が訪れる佐賀県屈指の観光スポットです。朱色で荘厳な社殿は初めて見る人に感動を与えてくれます。日本三大稲荷の一つに数えられ、商売繁昌や家運繁栄、縁結びなどの祈願に参拝者が訪れます。
バス:門前商店街を戻って祐徳神社前・「佐賀駅バスセンター」行き(14:00)→鹿島バスセンター(14:11)
GOAL (肥前鹿島駅・JR特急上り方面14:15発)