鹿島市旅行の定番コース(1日)

鹿島市の主要な観光スポットを1日かけてじっくりと満喫するコースです。
約6時間コース
START (肥前鹿島駅)
国道207号線と県道282号線経由で約12分。または祐徳バスで約10分

祐徳稲荷神社 所要時間:約15分

年間300万人の参拝者が訪れ、日本三大稲荷に数えられる神社

鹿島市に旅行するなら祐徳稲荷神社は外せません。県外からはもちろんのこと、海外からも連日のように観光客が訪れる佐賀県屈指の観光スポットです。朱色で荘厳な社殿は初めて見る人に感動を与えてくれます。日本三大稲荷の一つに数えられ、商売繁昌や家運繁栄、縁結びなどの祈願に参拝者が訪れます。
本殿の横から徒歩すぐ

祐徳稲荷神社奥の院 所要時間:約1時間

朱色の鳥居の先にある祐徳稲荷神社の奥社。山頂からの景色は絶景

本殿のわきにある道を進むと、朱色の鳥居がいくつも立ち並ぶ山道があります。この山道を20分ほど歩くと祐徳稲荷神社の奥の院に到着します。途中には急な石段もありますが、その代わりに頂上からの景色は最高です。天気が良ければ鹿島市内や有明海まで一望できます。
境内を出たら徒歩すぐ

祐徳稲荷神社門前商店街 所要時間:約1時間

神社の参道でお土産や食事を楽しめる風情ある商店街

神社で参拝を終えたら、境内の外にある門前商店街へ。ここにはお土産屋や食事処がずらりと並んでいます。名物のうどんやいなり寿司を食べて一休み。ランチの後はお土産探しに出かけましょう。一番人気のお土産は、紙筒に入ったようかんを押し出して食べる「稲荷ようかん」です。家族や友人へのプレゼントにもおすすめです。
県道283号線と県道282号線経由で約7分

肥前浜宿の酒蔵通り 所要時間:約1時間

江戸時代から酒造業が発展し、酒蔵や白壁の建物が残る

祐徳稲荷神社から車ですぐの場所に肥前浜宿があります。ここは古くから酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域で、現在も3つの酒蔵が製造を続けています。酒蔵通りと呼ばれる観光スポットでは、お酒の試飲や購入、酒蔵見学などが人気です。お酒が苦手な人は、白壁の建物を眺めて散策するだけでも楽しめるはずです。
酒蔵通りから徒歩で約2分

肥前浜宿の茅葺の町並み 所要時間:約15分

江戸時代から残る貴重な茅葺き屋根の町並み

酒蔵通りのすぐ近くには、茅葺き屋根の民家が残る地域があります。江戸時代から商人や船乗り、鍛冶屋や大工などが暮らしていました。歴史的に価値のある地域として、酒蔵通りと共に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。有明海に近いために多くの漁師が生活しており、入り組んだ細い路地が特徴です。
国道207号線経由で約7分

道の駅鹿島の干潟展望館 所要時間:約30分

有明海の生物を観察できる無料の展望所と水族館

鹿島市は日本最大の干潟である有明海に面しています。有明海にはムツゴロウやワラスボなど全国的に珍しい生物が多く、道の駅の干潟望館にある水槽には有明海の生物を無料で展示。館内には望遠鏡が設置されており、ムツゴロウや野鳥を観察できます。有明海について解説したパネルもあるので、子供の学習にもおすすめです。
徒歩すぐ

道の駅鹿島の千菜市 所要時間:約30分

特産品の直売所や有明海の干潟体験ができる道の駅

道の駅には干潟展望館の他に千菜市という大きな直売所があります。有明海の魚介類、地元の農産物、鹿島市の特産品など品物は充実しています。有明海の幸、海苔、みかん、地酒などが鹿島市ならではの特産品になります。鹿島市の旅行の最後は、道の駅でお土産を選んでみてはいかがでしょうか?
国道207号線経由で約13分
GOAL (肥前鹿島駅)