鹿島酒蔵ツーリズムの体験レポート

2日間で8万人以上が参加する鹿島市の一大イベントが「鹿島酒蔵ツーリズム」です。市内の酒蔵を巡りながら、地元の美味しいお酒を楽しむ「酒蔵ツーリズム」という取り組みは、鹿島市から全国へと広がっています。この記事では、鹿島酒蔵ツーリズムの見所や楽しみ方について紹介しています。

鹿島酒蔵ツーリズムとは

鹿島市にある6つの酒蔵

鹿島市は多良岳山系の清水や良質なお米に恵まれ、古くから酒造りが盛んな地域です。現在は矢野酒造、峰松酒造場、光武酒造場、富久千代酒造、幸姫酒造、馬場酒造場という6つの酒蔵が酒造りを行っています。春の蔵開きの日程にあわせて、鹿島市の6つの酒蔵を巡り、蔵人と触れ合いながらお酒を味わうイベントが酒蔵ツーリズムです。「酒蔵ツーリズム」は鹿島市の登録商標で、現在はこのような取り組みが全国的にも広がっています。

地酒の試飲

酒蔵ツーリズムの試飲

酒蔵ツーリズムの一番の楽しみは、やはり地酒の試飲でしょう。一部の酒蔵を除き、各酒蔵ではお酒の無料試飲を行っているので、興味のあるお酒を飲み比べできます。また、無料試飲の他に、高級な銘柄などを有料試飲として提供していることもあります。

各地のイベント

酒蔵ツーリズムにあわせて、様々なイベントが開催されます。鹿島市内では、「肥前浜宿花と酒まつり」、「祐徳門前春まつり」、「かしま発酵まつり」、「鹿島おまつり市」という4つのイベントが開催され、鹿島市の隣にある嬉野市では「嬉野温泉酒蔵まつり」が行われます。6つの酒蔵を巡るだけではなく、こうした様々なイベントも楽しみ方の1つです。酒蔵ツーリズムとこれらのイベントは2日間開催されますが、鹿島おまつり市のみ1日だけの開催になります。また、イベント内で行われる催しは2日間で日によって異なることがあるので、事前にチラシを見て興味のある催しがある日程に来ると良いでしょう。イベントの詳細は後述します。

酒蔵・イベントの巡り方

最寄り駅は、「肥前浜宿花と酒まつり」と「祐徳門前春まつり」がJR肥前浜駅で、「かしま発酵まつり」と「鹿島おまつり市」がJR肥前鹿島駅です。肥前浜駅、肥前鹿島駅、祐徳稲荷神社前バス停の3箇所には酒蔵ツーリズムの総合案内所があるので、駅を降りたらそこでパンフレットを手に入れたり、目的地への行き方を聞きましょう。

酒蔵や各地のイベントは、徒歩または無料のシャトルバスでまわります。シャトルバスは、駅前や酒蔵、各地のイベントを巡回しており、別の酒蔵やイベントへ移動するときに利用します。詳細なシャトルバスのコースや時刻は後述する公式パンフレットなどに記載されています。車で行く場合には、イベント会場の周辺に有料の駐車場があります。また、祐徳稲荷神社には無料の駐車場もあります。

酒蔵・イベントへの交通アクセス

酒蔵 イベント 交通アクセス
矢野酒造 かしま発酵まつり 肥前鹿島駅から徒歩約5分、肥前鹿島駅以外からはシャトルバス
峰松酒造場 肥前浜宿花と酒まつり 酒蔵まで肥前浜駅から徒歩約7分、肥前浜駅以外からはシャトルバス
光武酒造場 肥前浜宿花と酒まつり 酒蔵まで肥前浜駅から徒歩約8分、肥前浜駅以外からはシャトルバス
富久千代酒造 肥前浜宿花と酒まつり 酒蔵まで肥前浜駅から徒歩約4分、肥前浜駅以外からはシャトルバス
幸姫酒造 肥前浜宿から徒歩約10分、肥前浜宿以外からはシャトルバス
馬場酒造場 シャトルバス
祐徳門前春まつり シャトルバス
鹿島おまつり市 肥前鹿島駅から徒歩約5分、肥前鹿島駅以外からはシャトルバス

かしま発酵まつりは矢野酒造で行われ、肥前浜宿花と酒まつりのエリアには峰松酒造場と光武酒造場と富久千代酒造があります。かしま発酵まつり、肥前浜宿花と酒まつり、鹿島おまつり市は最寄り駅から徒歩すぐの場所にあります。幸姫酒造、馬場酒造場、祐徳門前春まつりは駅から距離があるので、駅前や各地のイベントからシャトルバスで行くのがおすすめです。

酒蔵ツーリズム公式パンフレット

酒蔵ツーリズム公式パンフレット

酒蔵ツーリズムでは、有料の公式パンフレットを販売しています(写真は以前のもの)。これには、各酒蔵の有料試飲などで使えるお得なクーポンや、豪華賞品が当たる酒蔵スタンプラリーの用紙がついています。また、各地のイベントの地図や見所、シャトルバスのコースや時刻など、酒蔵ツーリズムをより一層楽しめるように詳しい情報が満載です。当日は総合案内所で販売しています。

オリジナル6蔵セット

酒蔵ツーリズムオリジナル6蔵セット

鹿島の6蔵が酒蔵ツーリズムのために特別に作ったお酒の詰め合わせです(写真は以前のもの)。イベント期間中しか購入することができず、なくなり次第終了です。当日は総合案内所などで販売しています。

肥前浜宿花と酒まつり

ここからは、酒蔵ツーリズムと同時開催される4つのイベントについて紹介していきます。

肥前浜宿花と酒まつりの酒蔵通り

肥前浜宿花と酒まつりは「肥前浜宿(ひぜんはましゅく)」という地域で行われるイベントです。メイン会場となる上の写真の「酒蔵通り」は歩行者専用道路になり、多くの屋台が立ち並びます。肥前浜駅から酒蔵通りまでは徒歩で約5分です。

酒蔵ツーリズムの試飲

肥前浜宿花と酒まつりが開催されるエリアでは、峰松酒造場、光武酒造場、富久千代酒造という3つの酒蔵があり、試飲やお酒の販売を行っています。また、酒蔵通りから徒歩で約10分ほどの場所には幸姫酒造もあります。

富久千代酒造の試飲

上の写真は、「鍋島」という銘柄のお酒を製造する富久千代酒造です。鍋島は「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」という世界最大級のお酒の品評会で過去に世界一になりました。富久千代酒造に限らず酒蔵の試飲はどこも人気なので、時間帯によっては行列ができることもあります。

肥前浜宿花と酒まつりでグルメを販売する屋台

お酒以外の肥前浜宿の名物といえば、漬物やかまぼこ、有明海の海苔などがあります。こうした肥前浜宿の特産品に加え、佐賀県や九州地方のグルメなども販売されます。お酒を片手に美味しい料理で舌鼓を打つのも良いでしょう。

全国の酒VS鹿島の酒飲み比べ

試飲などの各酒蔵が実施しているイベントの他に、イベントの実行委員会が主催しているものもあります。例えば、鹿島市のお酒を6種類と全国の有名なお酒を6種類楽しめる「全国の酒VS鹿島の酒飲み比べ」というイベントが行われた年もありました。

音楽ライブ

年によって内容は変わりますが、音楽ライブや踊りなどの各種ステージライブも見所の一つです。

杉玉作り体験

酒蔵で新酒が出来たことを知らせる「杉玉(すぎだま)」を自分で作れる体験も毎年人気です。

和装コンテスト

昔使われていた酒蔵の中で、和服の着付けを行って審査する和装コンテストも開催されました。

肥前浜宿・酒蔵通り

江戸時代から昭和時代にかけて酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在は、富久千代酒造、光武酒造場、峰松酒造場という3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。お酒の無料試飲や購入、酒蔵スイー...
※この記事の内容は書いた時点の情報です。最新の内容とは異なっている可能性があります。