抜穂祭

祐徳稲荷神社の御斎田(ごさいでん:神様に供える米を栽培する田んぼ)にて巫女が稲刈りを行います。6月の「お田植祭」で植えられた稲穂を、早乙女姿(さおとめすがた:田植え用の服装)の巫女たちが鎌で収穫します。300年以上続く伝統行事で、最初に御本殿で豊年の舞が行われます。その後に御斎田へ移動し、数人の巫女が豊年の歌を笛で奏でながら、稲の収穫を行います。奉納されたお米の一部で甘酒が作られ、12月の新嘗祭(にいなめさい:稲の収穫を感謝する祭儀)のお火たきで参拝客に振る舞われます。

名称
抜穂祭(ぬきほさい)
開催期間
2018年10月03日(水)
開催時間
午前9時30分頃から御斎田で稲刈り(雨のため9/30から延期になりました)
午前10時頃から御本殿で奉告祭、午前10時40分頃から御斎田で稲刈り。
※雨天時は稲刈神事が順延となる場合があります。
開催場所
祐徳稲荷神社
お問い合わせ
祐徳稲荷神社 0954-62-2151
駐車場
祐徳稲荷神社の駐車場をご利用ください。駐車場から御斎田までの距離は徒歩3分ほどです。
地図