桜まつり

佐賀県三大桜の名所として知られる旭ヶ岡公園で開催される桜のお祭りです。1862年に松蔭神社の境内の一画に鹿島鍋島藩の藩主、鍋島直彬が多くの桜を植えて、毎年観桜の宴を開いたことが始まりとされています。1887年に武家屋敷跡の白壁が残る城特有の曲がりくねった道に桜並木がつくられました。この桜並木は現在「花のトンネル」と呼ばれており、旭ヶ岡公園まで桜の道が続いていきます。市内でも屈指の桜の名所であり、一目五千本の桜といわれる見ごたえのある桜を求めて多くの花見客が訪れます。夜間にはライトアップが行われ、ぼんぼりの灯りが夜桜を幻想的に照らし出します。

名称
桜まつり
開催期間
2019年03月27日(水)~2019年04月07日(日) ※開花状況に応じて変更の可能性あり
開催時間
夜のライトアップは18時~22時
開催場所
旭ヶ岡公園
駐車場
鹿島市民体育館グラウンドに臨時駐車場が設置されます
過去の様子
桜まつりの体験レポート
※桜まつりの詳細な情報は過去の体験レポートをお読みください。内容は今年と異なっていることがあります。
お問い合わせ
鹿島市商工観光課 0954-63-3412
地図