佐賀県鹿島市の桜の名所一覧

3月下旬から4月上旬頃になると、鹿島市の各地で一斉に桜が見頃を迎えます。この記事では、鹿島市で綺麗な桜を見られる名所をご紹介しています。

旭ヶ岡公園

旭ヶ岡公園の花のトンネル

佐賀県三大桜の名所として知られ、毎年「桜まつり」が開催される場所が旭ヶ岡公園(あさひがおかこうえん)です。園内の桜はもちろんのこと、公園に向かって長く続く「花のトンネル」という桜並木が非常に美しく、写真撮影のベストスポットになっています。

旭ヶ岡公園の夜桜

夜にはライトアップが行われ、幻想的な夜桜を楽しめます。

旭ヶ岡公園

佐賀県三大桜の名所の一つとして知られる県内随一の桜の名所です。公園に通じる桜並木は「花のトンネル」と呼ばれ、九州で初めて夜桜のライトアップが行われました。かつての公園一帯は鹿島城でしたが、1874年の佐賀の乱によって大部...

武家屋敷通り

武家屋敷通りの桜

旭ヶ岡公園のすぐ隣にある武家屋敷通りも桜が美しい場所の一つです。旭ヶ岡公園とあわせて行ってみてください。

武家屋敷通り

鹿島城跡「旭ヶ岡公園」の隣に位置しており、美しい白壁の土塀(どべい)が広がる城下町です。鹿島鍋島藩家の幕末期の家老である原忠順の武家屋敷にある棟門(むなもん)は、鹿島市重要文化財に指定されています。この棟門は、市内では唯...

臥竜ヶ岡公園

臥竜ヶ岡公園の桜

臥竜ヶ岡公園(がりゅうがおかこうえん)は、肥前浜宿の酒蔵通りから徒歩すぐの場所にある公園です。一つ一つの桜の木が大きく、公園全体を覆うように桜が咲きます。市内でも屈指の桜の名所でありながらあまり知られていないため、比較的空いている穴場スポットです。

臥竜ヶ岡公園

臥竜城の城跡に作られた多目的公園です。ナイター利用が可能なグラウンド、遊具広場、ゲートボール場、草スキー場があります。草スキーとは、草に覆われた坂道を専用のソリを使ってすべる遊びで、無料で体験することができます。また、桜...

祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社の本殿と桜

県外からも多数の観光客が訪れる祐徳稲荷神社は、朱色の荘厳な社殿が特徴的です。桜が見頃を迎えるごくわずかな期間しか見られない本殿と桜のコラボは圧巻の美しさがあります。

祐徳稲荷神社

京都の伏見稲荷大社、茨城の笠間稲荷神社と共に「日本三大稲荷」に数えられている神社です。主祭神は、倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ:生活全般の神様)、大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ:技芸上達あるいは福徳円満の神様)、...

東山公園

東山公園の桜

祐徳稲荷神社の外苑にあたる東山公園は、山の斜面に多数の桜が咲きます。東山公園は遊歩道が整備されているので、山を散策しながら桜を楽しむことができます。

東山公園の頂上に咲く桜と菜の花

地上から遊歩道を数十分歩くと東山公園の頂上に到着します。ここは桜の他に菜の花畑が一面に広がり、花見をするには最適な場所になっています。

東山公園

日本三大稲荷神社の一つ「祐徳稲荷神社」の外苑にある公園です。四季折々の美しい花を咲かせることが有名で、春には桜や菜の花、夏にはあさがおやさるすべり、秋にはコスモスやモミジ、冬には梅や臘梅(ろうばい)などが咲きます。4月か...

祐徳稲荷神社門前商店街

祐徳稲荷神社門前商店街の桜と赤鳥居

祐徳稲荷神社の参道にある門前商店街も桜の名所です。

祐徳稲荷神社門前商店街の桜と赤鳥居

商店街の道に沿って桜が咲き、他ではなかなか見られない巨大な赤鳥居を背景にした桜を撮影できます。

祐徳稲荷神社門前商店街

祐徳稲荷神社の境内へとつながる参道沿いにある商店街です。約400メートルの道のりに、お土産屋や食事処など30以上のお店が立ち並びます。一番人気のお土産は、紙筒に入ったようかんを押し出して糸を使って切る「稲荷ようかん」で、...

肥前飯田駅周辺

肥前飯田駅の桜と菜の花

多良駅の一つ隣にある鹿島市の肥前飯田駅は、カーブする線路に沿って桜と菜の花が咲きます。電車の通過時刻を調べておけば、鉄道と桜を同時に写真に収められます。

誕生院

誕生院の桜

「新義真言宗」の開祖である覚鑁(かくばん)の生誕地である誕生院では、本堂と金堂の前に大きな桜の木があります。安産や子授け祈願の聖地として知られる誕生院で参拝する際には、桜も鑑賞してみてください。

誕生院

真言宗の宗派の一つ「新義真言宗」の開祖である興教大師覚鑁(こうきょうだいしかくばん)の生誕地に建てられたお寺です。本山である和歌山県の根来寺(ねごろじ)の末寺として、1405年に建立されました。しかし、その後の戦火によっ...

普明寺

普明寺の楼門と桜

映画のロケ地にもなったことがある普明寺は、周囲を原生林に囲まれた緑が豊かなお寺です。春の季節には特に楼門の前の桜が美しく咲き誇ります。

※この記事の内容は書いた時点の情報です。最新の内容とは異なっている可能性があります。