歴史の観光スポット

鹿島市は古い歴史が残る地域です。肥前浜宿の南舟津エリアを始めとして、市内の様々な場所で茅葺き屋根の民家を見かけることがあります。また、鹿島城の跡地は公園として整備され、その周囲は「武家屋敷通り」として人気観光スポットになっています。都会では見ることができないこうした昔ながらの歴史や町並みに触れることも鹿島市の魅力です。

肥前浜宿・酒蔵通り

江戸時代から酒造業が発展し、酒蔵や白壁の建物が残る
江戸時代から明治時代にかけて酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在は、富久千代酒造、 ...

肥前浜宿・茅葺の町並み

江戸時代から残る貴重な茅葺き屋根の町並み
浜川右岸に広がる町並みです。江戸時代から商人や船乗り、鍛冶屋や大工などが暮らし、とてもにぎわって ...

継場

江戸時代の継ぎ立て場。現在は肥前浜宿の観光案内所
江戸時代の肥前浜宿は、多良海道(たらかいどう:佐賀県と長崎県を結ぶ交通ルート)の宿場町として栄え ...

旧乗田家住宅

兵農未分離の生活状況を伝える貴重な武家屋敷遺構
鹿島鍋島藩に仕えた武士「最所(さいしょ)家」の武家屋敷です。19世紀初期の住まいと推定され、後に ...

祐徳博物館

祐徳稲荷神社が所有する御宝物や資料を展示する博物館
祐徳稲荷神社に隣接し、神社が所有する御宝物や郷土の資料を展示する博物館です。常設展では、鹿島藩歴 ...

武家屋敷通り

幕末期の武家屋敷を今なお残す貴重な通り
鹿島城跡「旭ヶ岡公園」の隣に位置しており、美しい白壁の土塀(どべい)が広がる城下町です。鹿島鍋島 ...